スマートフォンの開発で培った技術を
AIなどに応用していきたい。

福留祐輝YUKI FUKUDOME

モバイル事業部 第1システム部

情報工学科卒 2009年入社

01

説明会を通じて社員の人柄に触れ、NTTデータSBCへ

入社した2009年当時、当社が開発していた携帯電話の機種が人気で、私も開発に携わりたいと興味を抱いたのが志望した最初のきっかけです。説明会に参加して社員の方々と会って話を伺う中で、楽しい・面白い人たちがいる会社だと感じ、入社を決めました。

スマートフォンを立ち上げるためのプログラムを開発

入社以来、携帯電話の開発に携わっており、現在はスマートフォンの開発環境が正常に待ち受け画面まで起動するように問題箇所を修正する業務を担当しています。過去にはスマートフォン用のアプリケーション開発に携わっていたこともありました。

チームリーダーとして、進捗管理や作業をフォロー

現在、開発者としてプログラムを組むだけではなく、チームリーダーとして進捗管理やフォローを行っています。チームは当社の社員3名と協力会社の4名の計7名。現場作業とマネジメント業務をしながら、お客様からの問い合わせへの対応なども行っています。

世界初の3D表示機能搭載のスマートフォンを開発

新人時代、当時世界で初めてスマートフォンに搭載された3D液晶ドライバの開発を担当した時のことが印象に残っています。上司とともに開発にいろいろと苦労していた中で、初めて液晶に3D表示されたのを見たのが私で、「できた!」と叫んでいました。技術者冥利につきるといいますか、新しいモノを開発できたという喜びを味わうことができた案件でした。

上司の励ましが、壁を超えるきっかけに

入社してしばらくは、仕事がなかなかうまくいかず、会社の役に立っていないのにここにいていいのかと思った時期がありました。プログラムをつくることは好きなのに、と悩んでいたところ、上司から「ガッツがある。ガッツがあれば技術力はついてくる」と励まされ、さまざまな仕事に携わらせてもらえるようになりました。そこから期待に応えられるように頑張っていくことで技術力が身につき、自信も持てました。だからこの言葉はすごく印象的で大切にしています。

実際に使われているところを見ると大きな自信に

自分が開発に携わった機種が店頭に並ぶ光景を見た時や、電車内などで使っている人を見ると自信が持てますし、やりがいを感じますね。難解な不具合に対して、パズルを解くように粘り強く解析し、原因が判明して対策を打てた時も達成感を覚えます。

社内の交流が活発で、福利厚生の面も満足

私がいる広島事業所は、バーベキューやお花見などのイベントが多く、部署が違う人と交流する機会があります。他部署との連携が必要になった時に仕事を進めやすくなりました。私は地元が九州で最初は慣れない土地での就職に不安がありましたが、交流の機会があることで公私ともに楽しく生活できるようになりました。コンプライアンスがしっかりしていて、ゴールデンウイークなどの長期休暇が長い点も良いところです。

社員誰もがフレンドリーな雰囲気

社内は明るくて楽しい人が多いですし、役員の方々もフレンドリーに接してくださる風通しの良い職場です。たとえ入社時に技術力がなくても、教育体制がしっかりしているので、必要な技術は入社後に十分身につきます。

ワーキンググループでAIの技術を習得中

今後はスマートフォンの開発で培った技術を生かして、IoTやAIの技術を習得していきたいと考えています。現在、社内にいくつかワーキンググループが立ち上がっており、私はAIのグループに参加しています。今はまだ形になっているものはありませんが、新技術の開発に取り組んでいきたいと思います。そして、管理能力も磨き、次のステージへとステップアップしていきたいです。

技術力を伸ばし、若手社員の育成もできる人材に

一人の技術者として、技術力では誰にも負けない人材になりたいと思います。また、私が上司にしていただいたように、若手社員をしっかりと育成できる人材になることが目標です。

応募者へのメッセ―ジ

技術者というとPC相手に黙々と作業をしているイメージを抱いているかもしれませんが、お客様とのやり取りや社員同士の連携など、実はコミュニケーションが求められる仕事です。技術力は充実した教育制度があるので、プログラミングに不安があってもやる気があれば成長できる環境です。ぜひ挑戦してください。

モバイル事業部
第2システム部
岡田悠太郎

IoT事業部
第2システム部
清川碧里

世界をつなぎ、新たな感動を。

2020年度の募集要項をご案内しています。新しい未来を作るあなたのご応募をお待ちしています。

ページトップへ