ソリューション

Solutions

車載関連機器

スマートモビリティ社会の実現に貢献

自動車業界は100年に1度の転換期を迎えています。車は単なる移動手段ではなく、インターネットに常時接続されたコネクテッドカーへと変わるとともに、ドライバーの運転を支援する自動運転技術やITS(高度道路交通システム)と連携することで、より安全・快適な移動を実現する「スマートモビリティ」化が進められています。

当社では、携帯電話やスマートフォンなどで培った通信やデバイス制御などの開発実績を車載関連分野に応用し、スマートモビリティを実現するためのソフトウェア開発に取り組んでいます。

クルマの先進技術を支える「ECU」の開発に取り組む

「ECU」とは、Electronic Control Unitの略で、エンジンやAT/CVTといったトランスミッション、ステアリングなど、さまざまな機能・装置を電子制御するコンピューターのことです。今やECUはクルマに欠かせない部品で、100個ものECUが搭載されたクルマもあり、これらが連携することで関連する制御系統ごとに情報を共有し、安全な走行を実現しています。自動車の性能が向上するにつれ、ECUに組み込まれるソフトウェアの重要性は増しています。当社では、組込みソフトウェア開発で培った技術を応用し、これからのクルマづくりに貢献しています。

進化する車載インフォテインメントシステム

車がインターネットに接続することにより、カーナビゲーションシステムやカーオーディオは、運転支援や安全性に役立つ情報を提供する「車載インフォテインメントシステム」に発展し、その組込みソフトウェア開発にも携わっています。車両制御系や連携など、国内市場はもちろんのころ、海外市場でもさまざまな機能追加が進んでいることから、海外市場にも目を向けて開発に取り組んでいます。

車載OS(AGL)などの評価・検証も

携帯電話やスマートフォンでの評価・検証経験を活かして、車載OS(AGL)のソフトウェアの評価・検証業務にも取り組んでいます。

受託開発範囲

  • ECUソフトウェア開発
  • 車載インフォテインメントシステムのソフトウェア・アプリケーションの開発
  • 車載搭載OSの検証

主な実績

  • 車載インフォテインメントシステムのソフトウェア・アプリケーションの開発
  • ECUソフトウェア開発

トピックス

展示会にて次世代の車載OS・Linux®「AGL」での自動評価テストを紹介

携帯電話やスマートフォンで培った自動評価の経験を活かし、次世代車載OSであるLinux®「AGL」での自動評価検証ソリューションを開発。展示会で自動評価テストのデモを展示しました。PC内にデモ用の環境を用意し、自動化により工数削減が図れることや、効率のよいテスト方法について紹介しました。

車載関連機器に関するお問い合わせ

車載関連機器についてご質問や資料のご要望などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ