message message message message

Message

Vision

人々の想いをつなぎ、未来を創る企業になる

Top Message

Top Message

想いをつなぎ、
新たな感動を。

私たちNTTデータSBCは、1979年にシャープの情報子会社を母体として誕生し、2017年にNTTデータの資本参加を経て、確かな技術力を礎に、旧来の価値観にとらわれない発想力で世界に感動を与えるモノづくりを展開しております。

創業以来、組込みソフトウェア開発を通じて、さまざまな機器の機能・制御技術・通信技術の進展に貢献してまいりました。
大切にしてきた「創意を活かす」精神は、私たちのモノづくりのDNAとして強く継承しています。

当社が強みとしているモバイル通信プロトコルのノウハウ・これまで培ってきた組込み技術を活かし、5G、xR※、IoT、オートモーティブ(Connected car)、モバイル領域でのDXの取り組みを進めております。
また、技術要素だけではなく、生活者とお客様、業界、社会と企業が相互連携していくことをリードする存在でありたいと考えております。

あらゆるモノがインターネットにつながる時代。
世界をつなぐ際立つ技術と発想力を活かした、感動を与えるモノづくりで新しい時代を切り拓いていきます。

その実現のため、私たちは人が資本と考え、技術力+提案力・創造性を備えた人財を育み、
NTT・NTTデータ・シャープグループの仲間やパートナーの皆さまとともに、お客様の事業・業界の構造変革を先導し、サステイナブルで豊かな社会実現に貢献していきます。

代表取締役社長
黒渕 与史

※ xR
VR(Virtual Reality, 仮想現実)、AR(Augmented Reality, 拡張現実)、MR(Mixed Reality, 複合現実)など、現実の世界と仮想の世界をITの活用で融合させる技術の総称。x(さまざまな)Reality。

History

  1. 1979

    「エスビーシーソフトウェア株式会社」としてシャープグループ国内唯一のソフトウェア専門会社創業

  2. 1988

    社名を「シャープビジネスコンピュータソフトウェア株式会社」に変更

  3. 2017

    株式会社NTTデータが資本参加
    社名を「株式会社NTTデータSBC」に変更

profile profile profile

Company Profile

  • 会社名

    株式会社NTTデータSBC (NTT DATA SBC Corporation)

  • 創業

    1979年12月16日

  • 資本金

    1億円

  • 売上高

    67.7億円(2024年3月期)

  • 従業員数

    417名(2024年4月1日現在)

  • 適格請求書発行事業者登録番号

    T4010601028617

  • 加入団体

    ソフトバンク推奨ベンダー

    ソフトバンク 法人パートナープログラムONE SHIP

    ソフトバンク 法人パートナープログラムONE SHIP

    特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構

    特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構

    一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会
    略称:CCDS(正会員)

    一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会 略称:CCDS(正会員)

    一般社団法人 プロジェクトマネジメント学会

    一般社団法人 プロジェクトマネジメント学会

    一般社団法人 XRコンソーシアム

    一般社団法人 XRコンソーシアム
  • 株主構成

    株式会社NTTデータ 80%
    シャープマーケティングジャパン株式会社 20%

  • 主な事業内容

    ソフトウェア開発
    ソフトウェア評価・検証

  • 役員

    代表取締役社長
    黒渕 与史
    取締役執行役員
    神田 利貴
    取締役(非常勤)
    千葉 祐
    取締役(非常勤)
    伊藤 淳一
    取締役(非常勤)
    山根 健一
    取締役(非常勤)
    田中 義朗
    監査役(非常勤)
    薮本 学
    執行役員
    田幡 博史
    執行役員
    長野 了之
  • 認定・免許

    • プライバシーマーク付与認定(全事業所)
    • 有料職業紹介事業許可
    • くるみん認定
    • えるぼし認定
    認定・免許 くるみん認定 えるぼし認定
  • 在籍者保有資格

    【国家資格】

    • ■情報処理技術者試験
      • プロジェクトマネージャ
      • システムアーキテクト
      • ネットワークスペシャリスト
      • データベーススペシャリスト
      • エンベデッドシステムスペシャリスト
      • 情報セキュリティスペシャリスト
      • 応用情報技術者
      • 基本情報技術者
      • ITパスポート
    • ■衛生管理者

    【民間資格】

    • ■プロジェクトマネジメントプロフェッショナル(PMP)
    • ■Oracle Master
    • ■UMLモデリング技能認定
    • ■全国経理教育協会 簿記能力検定試験
    • ■日本商工会議所 簿記検定試験
    • ■マイクロソフトオフィススペシャリスト
    • ■環境社会検定試験(eco検定)
    • ■ビジネス実務法務検定試験

Story

多様化するソフトウェア開発に対応するための人材育成

  • 自己成長力の向上を重視したカリキュラム

    自己成長力の向上を重視したカリキュラム

    現代の多様なソフトウェア開発に対応するために、私たちは基礎スキルや専門スキルの習得だけでなく、自己成長力の養成にも力を入れています。
    当社の人材育成方針は、技術スキルだけでなく、ビジネススキルやヒューマンスキル、マネジメントスキルの育成にも重点を置いています。 これらの基盤を築いた後は、専門知識の獲得に向けたトレーニングや実践的なプロジェクトを通じて成長を促し、業界で競争力の高いスキルセットの構築をサポートしています。

  • ビジネスのトレンドに合わせた育成プログラムの提供

    ビジネスのトレンドに合わせた育成プログラムの提供

    ソフトウェア開発の多様化が進む中、私たちは適切な育成やスキルアップのためのサポートを提供するために、育成プログラムやキャリアプラン構築支援のフォローアップ体制を常に見直しています。
    私たちは、育成カリキュラムやキャリア開発を支援する仕組み、成長を促進する機会を随時見直し、従業員の個別のキャリアプランと会社の方向性に合わせた人材育成支援に積極的に取り組んでいます。