会社案内

About Us

社長メッセージ

ごあいさつ

当サイトへのご訪問、誠にありがとうございます。

当社は、1979年の創業以来40年に及ぶ歴史の中で、シャープグループ様向けの組込みソフトウェアの開発や検証業務、業務システムの構築を通じて技術、経験、ノウハウを蓄積して参りました。当社の技術の源流は、このシャープグループ時代に培ったスマートフォン/モバイル領域、複合機領域、家電領域にあります。

2017年1月からは、NTTデータSBCとして「モバイル」、「オートモーティブ」、「IoT」という三つの事業に再編を行いました。この三つの事業領域に対し、これまで培ってきた技術を強みとして再認識し、商品・サービスを創出していくことに取り組んでおります。

これまでの強み創りの成果の一つとして、IoT領域ではSBConnect (商標出願中)と銘名した”Edge Side IoT”のソリューション群を商品化しました。NTTデータと連携した日本ハム様向けのスマート養豚プロジェクトにおきましてもこのSBConnectを導入し、リアルタイムでの豚舎の見える化や画像認識による行動検知など、豚の飼育現場においてIoTやAI技術を活かす実験を行っています。これにより、生産現場の労働環境の改善や生産性の向上・安定化により、働きやすさを向上させ、日本の食文化や食卓を支える養豚場の課題を解決することを目指しています。

次に、モバイル技術ですが、スマートフォンの開発はもとより、オートモーティブ領域にも展開されています。今後、自動車はconnected car、そして自動運転へと進化していきます。この領域では、IVI※1やAD/ADAS※2など、スマートフォンと非常に親和性の高い技術要素が多く、私たちの強みを活かして今まさに事業拡大を図っているところです。

このモバイル領域でもっともホットなのが5Gなどの次世代通信です。これに必要となる無線通信やネットワークに関する知見も当社の強みです。

5Gになると、今の100倍の速度での大容量通信や、多数デバイス接続、低遅延など、無線通信環境が劇的に変わっていきます。この通信環境の激的な変化により、高画質動画や多彩なxR※3コンテンツの配信、大規模多数のデータセンシングが可能となります。当社では、5G で実現可能となるソフトウェアやサービスの創出に向けて、複数の新技術領域の組み合わせの検討を行ってます。また、総務務省主催『5G利活用アイデアコンテスト』にも積極的に参加し、高い評価をいただきました。5Gが開始される2020年には、強みを活かした新たなソリューションを展開し、社会の変革を起こしていきたいと考えております。

際立つ技術を強みとしてきらりと輝く会社を目指すNTTデータSBCをどうぞよろしくお願い致します。

  • ※1 IVI(In-Vehicle-Infotainment)
  • ※2 AD/ADAS
  • ※3 xR
    VR(Virtual Reality, 仮想現実)、AR(Augmented Reality, 拡張現実)、MR(Mixed Reality, 複合現実)など、現実の世界と仮想の世界をITの活用で融合させる技術の総称。x(様々な)Reality。

大切にする考え

  • 私たちは、NTTデータグループの一員として、情報技術で新しい「しくみ」や「価値」を創造し、より豊かで調和のとれた社会の実現に貢献します。
    NTTデータグループ Our Way
  • 設立以来大切にしてきました「創意を活かす」精神は、当社のDNAとして継承します。
  • シャープグループとNTTデータグループの企業文化を融合し、そこから生まれるシナジーパワーを私たち自身の成長とお客様と社会への貢献に活かします。
代表取締役社長
西島 昭佳

ページトップへ