Webサイト運営・開発担当

Webサイト運営・開発担当

近藤 琢哉
2005年度入社
最終学歴:大学
出身学部:工学部
出身学科:電子情報通信工学科

今の仕事について
Currently working on

数年前に比べ、ソリューションという言葉が比較的聞かれるようになってきましたが、どのような意味かご存知でしょうか?日本語だと「問題解決」などと訳されます。当社でも電話サポート等様々なサービスを展開していますが、私はその中でも「Web」を通じた業務について担当しています。

Webとソリューションがなぜ繋がっているのか?

一般にWebの仕事と聞くと「色鮮やかなデザインのページ」「カッコいいページ」といったものを作るのでは?

という想像をされることが多いと思います。

それも間違いではありませんが、他にもWebには色々な情報を提供したり、検索を利用して問題を解決するという面があるのです。

数多くの情報の中から必要なものを必要な時に取り出す為の「検索」という機能を提供することや、「情報設計」を行い情報を取り出しやすくすることなどがソリューションと繋がっているのです。

普段の業務ではPHPやデータベースを中心に、いわゆる「Webアプリケーション」を開発しています。それ自身はWebの表舞台に立つことは少なく、影でサイトを支えるものですが、日々の業務においては必要不可欠なものであり根幹の部分を支えているという点においては常に緊張感を持って取り組む必要があります。

どの分野にも当てはまることですが、よく「情報は生き物」という表現をされることがあります。Webの世界でも例外ではなく新情報と新技術は生き物同様です。特にWebの世界はその入れ替わりが激しく、今は真新しい技術でも半年経つともう旧技術、ということがよくあります。

その新旧が混ざって構成されるWebの世界では、幅広い知識の蓄積が非常に重要です。そのためにも私自身、日々今のスキルレベル向上を図りつつ、新しい情報を集めて業務に生かしていけるよう頑張っていきたいと思います。

後輩たちへメッセージ
Message for you

会社に入って何か仕事をする、というのは誰もが経験したことの無い世界だと思います。その中に飛び込んでうまくやっていけるだろうか、技術的についていけなくならないだろうか等、不安に思うことは数多くあると思いますが、それは環境が変化することに対するごく当たり前に感じる不安だと思います。思い返せば小学校から中学校へ進学する時にもやはり不安に思った経験があるかと思いますが、それもいつの間にか消えていたのではないでしょうか?
今はその不安材料を減らすことに注力するよりも、仕事が始まるまでの残りの時間でいろんな経験をしてみてください。そこで得た様々な経験は自分自身の財産となり、それを中心に新たな経験をすることが出来ると思います。

社会人になってしまうと、時間の関係でなかなか出来ないことも多くありますので今のうちに色々挑戦し、感覚のアンテナを多く張っておくことは社会生活においても大いに役に立つと思います。

PAGETOP