ソフトウェア評価・検証

ソフトウェアは近年、ビジネス分野から自動車、家電に至るまで、社会のあらゆる場面に登場し社会を構成する要素としての割合が非常に増加しています。また、利用用途の拡大、高機能・多機能化が進むにつれ、急速にシステム全体が複雑化しソフトウェア開発量も増加の一途を辿っています。

それに加えて、昨今の家電リコール問題、自動車のエアバック、ブレーキ問題、原子力発電所事故など相次ぎ、世の中がリスクに対して非常に敏感になっています。ソフトウェアに対する不具合についても社会的責任が問われる状況と言っても過言ではありません。

お問い合わせ

ソフトウェア評価・検証に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

第三者検証の必要性

一方、ユーザー様からのソフトウェア開発・検証に対するQCD(※1)要求は厳しさを増しており、このニーズに応えるため検証工程を専門会社に発注する企業様が非常に増えています。

しかし、実際に発注してみると技術力や検証ノウハウの不足により期待した効果が得られなかった…費用が高くついてしまった…テスト品質が落ちバグ摘出漏れが増加してしまった…などと言った声を聞く事があり、本当に価値ある検証サービスを提供できる第三者検証会社が求められています。

当社ではテスト技術認定資格であるJSTQB®(※2)取得テストエンジニア及びマネージャーが多種多様な製品開発・評価を通じて培った技術、経験を活かす事で、こういった企業様の声に応えご支援いたします。

(当社のJSTQB®取得率:83% ※2016年8月現在)

※1 Quality(より良いもの)、Cost(より安く)、Delivery(より早く)
※2 JSTQB®(Japan Software Testing Qualifications Board)

ソフトウェア検証サービス領域

img_sv_area


お問い合わせ

ソフトウェア評価・検証に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。




PAGETOP