次世代通信システム5Gへの挑戦

早ければ2019年にもサービス提供が開始されるという第5世代移動通信システム「5G」。増大し続ける通信のトラフィック量に対応するべく、ネットワークシステムの大容量化を低コスト・低消費電力で実現し、超高速通信や低遅延通信、多数のデバイスとの接続などが可能となり、コネクテッドカーやIoT化の進展、医療分野での利用などが期待されています。この5Gのサービス実用化に向けた通信の検証も私たちの仕事です。

開発チームの声

IoT事業部 第1システム部 上田 優範 モバイル事業部 第2システム部 日照田 正佳

私たちは、通信事業者のソフトウェア検証やIoT機器関係の通信に関する検証を行っています。現在、力を入れているのが第5世代移動通信システム「5G」です。これまでも3G、4Gと通信規格の変遷がありましたが、今回の5Gは低遅延通信を実現できることが大きな変更点だと思います。通信の遅延がより少なくなるため、リモートの制御や医療をはじめとする非IT分野での技術視点、コネクテッドカーなど、瞬時に判断が求められるシステムへの通信技術の活用が進展すると思います。また、これまで弱かったアップロード速度が改善されるので、4Kや8Kなど高精細な映像の伝送スピードが速くなるかと思います。
これらのスループットがどのくらい出ているのか、ユーザーの体感速度はどうか、信号レベルで通信が上手くできているかを検証・評価するのが私たちの仕事です。

私たちは長年、シャープ製携帯電話・スマートフォンの検証・評価業務に携わってきた経験があり、多種多様なプロトコル検証を行ってきました。開発の初期段階から検証・評価の経験・ノウハウがあることは我々の大きな強みです。5Gの周波数が決まったばかりなので、実際の作業はこれから。今はそのための準備をしています。